HP関連 IT関連

サイトリニューアル時に合わせて実施した方がいい対応

更新日:

今、このサイトを見てるということはサイトリニューアルを考えている方が多いと思います。

リニューアルを考えるきっかけとしては「静的サイトで更新がめんどくさい」とか「スマホ対応してなくて・・・」とか「常時SSL対応してない」あげたらきりはありませんが、色々な事情があると思います。

そこでリニューアルするならこれをした方がいい!って内容を記載していきます。

当方は実際にWebエンジニアとして色々な情報を聞いているので参考にしていただければ幸いです。

レスポンシブ対応

スマホ対応は今や当たり前になってきていますが、スマホサイトとPCサイトを切り替えているサイトもまだまだ少なくないと思います。

しかしながら、時代の流れとともにレスポンシブ対応はほぼ必須になってきています。

googleも端末で切り替えるのではなく解像度によって切り替えられるレスポンシブ対応を推奨しています。

常時SSL対応

セキュリティー・・・って話は置いておいて常時SSL対応しないとgoogleの検索エンジンの順位が下がるって事だけで対応は必須です。

PHP7対応

PHPで出来ているサイトが前提ですがPHP5系とPHP7系では速度が圧倒的に違います。

どうせリニューアルするならPHP5系で作る意味も無いのでPHP7系にしましょう。

記事内に広告埋め込み

メディア系のサイトでの話になりますが、広告を関連記事やコンテンツ内に埋め込む機能も役にたちます。

今はドーンと目立つ広告をクリックする人も少ないです。

動画埋め込み機能

最初の用件にはないけどコンテンツの中に動画を埋め込むとスマホで綺麗に見えないことが多々あります。

どうせリニューアルするなら動画を綺麗に埋め込める機能があると便利です。

サイトリニューアルの目的

少し話はずれてしまいますが、大事なことなので書かせて頂きました。

サイトリニューアルの目的は明確になっていますか?

リニューアルの失敗の原因に多いのが目的が明確になっていないことです。

PV数を上げたいのか、利益を上げたいのか目的は明確にしましょう。

とりあえずデザインを良くしたいからリニューアルしたけどSEO対策があまりしっかりとされてなくてPV数は下がるし利益は下がるし、でもデザインは良くなった・・・デザインは良くなったのかもしれませんが、サイトとしてはリニューアル失敗です。

しっかりとサイトの今後を考え目的をしっかり考えましょう。

予算に合わせて実施機能

話としては良く聞くけど、効果がいまいちで予算があるならやろうかなって機能を紹介します。

AMP対応

話題としてはかなり目立ちましたが、実際に実装効果が良くないのがこの機能です。

広告クリック率もよくないし、デザインしょぼくなるし、従来のスマホサイトでアクセス普通に出来るしって感じです。

予算が余ってないなら見送りましょう。

-HP関連, IT関連
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.