PHP

preg_matchの正規表現によるバリデーションチェック

更新日:

  1. 「preg_match」の正規表現によるバリエーションチェックについて実際に使えるサンプルを載せながら紹介します。

preg_match関数の説明

PHPの「preg_match」関数を使用すると正規表現に一致したどうかを判定することが出来ます。

正規表現に一致した場合は、「1」を一致しなかった場合は「0」を返します。

構文

$data = preg_match(正規表現,検索対象の文字列);

電話番号

電話番号を正規表現で入力チェックをするサンプルです。

<?php
    $tell = "000-1234-0000"
    if(preg_match("/^\[0-9]{2,4}-[0-9]{2,4}--[0-9]{3,4}",$tell)) {
        echo "入力値は正常です。";
    }
?>

郵便番号

郵便番号を正規表現んで入力チェックするサンプルです。

<?php
    $data = "000-1234"
    if (preg_match("/^\d{3}\-\d{4}$/",$data)) {
        echo "入力値は正常です。";
    }
?>

メールアドレス

メールアドレスを正規表現で入力チェックした例です、

<?php
    $mail = "test@sasukepg.jp"
    if (preg_match('|^[0-9a-z_./?-]+@([0-9a-z-]+\.)+[0-9a-z-]+$|', $mail)) {
        echo "入力値は正常です。";
    }
?>
  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-PHP
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.