FTPコマンドをバッチファイルで実行する

バッチファイルでFTPを実行するためには「バッチファイル」 と「コマンドファイル」の
2ファイルが必要になります。
以下にそれぞれの記載例を掲載します。

バッチファイル(test.bat)
ftp -s:ftpcmd.txt

「ftp -s」で読み込むコマンドファイルを指定しています。

コマンドファイル(ftpcmd.txt)
open 127.0.0.1 //接続先サーバ
sasuke     //接続ユーザ名
pass      //ユーザパスワード・         //実行コマンド

・bye       //FTP切断

(「//」のコメントは説明の為に付け加えたものです。実際に作る際は削除してください。)

タスクなどに「バッチファイル(test.bat)」を登録すると「コマンドファイル(ftpcmd.txt)
で記載したFTPコマンドが自動実行されます。

実際の使用例

以下の使用例は、ローカルの指定ディレクトリ内のファイルを一括でFTPサーバにアップロードする処理です。

バッチファイル(test.bat)
ftp -s:ftpcmd.txt
コマンドファイル(ftpcmd.txt)
open 127.0.0.1
sasuke
pass
put c:\hpdata\*.html
bye

putはワイルドカードの指定可能なので、「c:\hpdata」ディレクトリ内のHTMLファイルをFTPサーバにアップロードしています。