IT サーバ関連

バッチファイルの作成

更新日:

バッチ(bat)ファイルの作成方法について記載しています。

番号 項目名
1. バッチファイルとは?
2. バッチファイルの作成方法
3、 ERRORLEVELを使用する
4. IF、ELSEの使用

 

バッチファイルとは?

MS-DOSのコマンドを記述したファイルで、MS-DOSのコマンドを
一括して実行することが出来ます。業務の自動化などに使用されます。

バッチファイルの作成

バッチファイルの作成にはメモ帳を使用します。
メモ帳に以下の命令を記述します。

test.bat
@echo off
echo テスト
PAUSE

名前をつけて保存を選択肢「test.bat」にします。
出来たファイルを実行すると以下のメッセージが表示されます。

実行結果
テスト
続行するには何かキーを押してください . . .

 

ERRORLEVELを使用する

●ERRORLEVELを表示する
直前のコマンドのリターンコードを表示することが出来ます。
以下の例では、存在しないファイルをコピーしようとしてリターンコードを表示している例です。

実行結果
D:\>copy aaaaaaaaaaaaa
指定されたファイルが見つかりません。
D:\>echo %ERRORLEVEL%
1

●ERRORLEVELが1以上の場合、異常終了にする
直前のリターンコードを取得して、1以上なら異常終了、0なら正常終了する方法です。

記載例
copy aaaaaaaaaaaaa
IF ERRORLEVEL 1 EXIT /b 1
EXIT /b 0

 

IF、ELSEの使用

バッチファイルでもIF、ELSEが使用できます。
以下の例は変数の値を比較している例です。

test.bat
@echo off
SET I="1"IF %I%=="1" (echo 変数の値は1です) ELSE (echo 変数の値は1以外です。)
PAUSE

 

実行結果
変数の値は1です
続行するには何かキーを押してください . . .

 

  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-IT, サーバ関連

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.