IT IT関連

無線LANのセキュリティ対策手法

更新日:

[toc]

多く見られる無線LANの危険な設定

最近では、無線LANが広く普及し、レンタルのルータなども対応しているのが増えてきて使っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、セキュリティーが何もかかっていない無防備な無線LANが多く存在しています。


初心者などは無線LANを使用してインターネットが繋がるとセキュリティーなどを意識せずにそのまま使用するケースが多く、正しく設定されていないとインターネットを勝手に悪いことなどに使用されてしまったり、パソコンのファイルを盗まれてしまうなどの危険性がああります。
最近の無線LANはセキュリティーを高める機能が多く搭載されているので設定するようにこころがけましょう。

データ暗号化によるセキュリティ

無線の内容を暗号化し、データの盗聴を防ぐことが出来ます。
また、パスワードを知らないと接続することも出来なくなります。

暗号化規格 解説
WEP 初代の暗号化規格、暗号化解析ツールなどがインターネット上に出回っており、解読されてしまう可能性がある。
WPA WEPの解析されてしまう脆弱性が改善されている。
現在、解析方法などは発見されておらず比較的安全とされている。
WPA2 WPAがされに強化されている。

アクセス制限による不正侵入防止

MACアドレスを無線LAN(アクセスポイント)に登録し、登録されていないMACアドレス
からの接続を拒否することができます。

無線LANのSSIDを隠す

無線LAN接続するためにはESS-IDと呼ばれるIDが必要になる、ただESS-IDはピーコン(周囲に送信されている情報)に含まれてるいるため、ESS-IDを知らない人でも情報を取得して接続することができてしまう。
ESS-IDステルス機能を使用すると、「ピーコン」にESS-IDを含まないようにすることが出来る。

セキュリティ対応製品

低価格なのに、セキュリティもしっかり備えています。お勧めの製品です。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866 300Mbps 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/Echo メーカー動作確認済み】

新品価格
¥4,388から
(2018/6/6 07:59時点)

  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-IT, IT関連
-,

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.