IT IT関連

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)の特徴

更新日:

ブルーレイディスクの特徴をまとめてみました。
まずはDVDとのスペックの違いです。

スペックの違い

ブルーレイディスク DVD
サイズ 12cm 12cm
レーザー 青紫色レーザー 赤色レーザー
容量 1層:25GB
2層:50GB
1層で最大4.7GB
転送速度 36Mbps 11.08Mbps
トラックピッチ 0.32μm 0.74μm
著作権保護機能 ディスクにユニークIDがつけられており、それにより著作権保護を実現しています。 なし

書き込み速度

ブルーレイディスクの書き込み時間について計算してみました。
ブルーレイの速度は36Mbpsで、2倍速のドライブで書きこんだ場合、72Mbpsで書き込みすることが出来ます。
これをバイトにすると、9MB/sの速度が出ます。
1層の最大の容量は25GBなので、1Gを1000MBで計算しますと25,000Mになり、9Mで割ると約2777秒、分にすると約46分。
1枚焼くのに最大速度で46分で焼くことが出来ます。
まあ理論値なので実際やいてみると速度は変わると思いますが、思ったより早いことに驚きです。
この速度ならDVD-Rとそんなに変わらないと思うのでストレス無しで焼けそうです。

ディスクの種類

ブルーレイディスクの種類は、現在は3種類で以下のディスクがある。

BD-ROM

読み込み専用のディスクで、映画データ等の販売などに使用されている。

BD-R

SONY 日本製 ビデオ用BD-R 追記型 片面1層25GB 4倍速 プリンタブル 20枚P 20BNR1VBPS4

書き込みが行なえるディスクで基本的には、映像等を1回書き込みが行なえる。

・容量が余っている部分には追記書き込みを行なうことも出来る

・1層~2層のディスクがあり、1層では25GB・2層では50GBの書き込みすることが出来る

・現在は、12倍速の書き込みが行なえるドライブが販売されている
・ディスクは1倍~4倍速対応のメディアが主流になっている。
(2010/11/27)

BD-RE

SONY 日本製 ビデオ用BD-RE 書換型 片面1層25GB 2倍速 プリンタブル 20枚P 20BNE1VBPS2
書き換えが可能なディスクで、1万回程度の書き換えが可能

・追記書き込みを・又はファイルの書き換えを行なうことが出来る

・1層~2層のディスクがあり、1層では25GB・2層では50GBの書き込みすることが出来る

・現在は、2倍速の書き込みが行なえるドライブが販売されている
・ディスクは1倍~2倍速対応のメディアが主流になっている。
(2010/11/27)

  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-IT, IT関連
-,

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.