IT関連

WordPressの高速化で快適サイトを目指そう

投稿日:

WordPressは大変便利でカスタマイズも
プラグインを入れれば簡単にカスタマイズ出来るなど多くのメリットがありますが、その一方でデメリットとしてサイトが遅くなるという弱点があります。

そこで今回はWordpressを高速にチューニングする手法を記載します。

自分のサイトを測定してみよう。

まずは自分のサイトが早い方なのか遅い方なのか測定してみましょう。

googleが提供している「PageSpeed Insights」で測定できます。

赤いアイコンで結果が表示された場合は遅いサイトに分類されます。

当サイトは緑のアイコンでした。

 

極力、緑のアイコンを目指していきましょう

キャッシュ系プラグインを入れる

現在、キャッシュをしてない方はまずはキャッシュ系のプラグインを入れることをお勧めします。

お勧めのキャッシュ系プラグインは「WP Super Cache」です。

日本語がされており初心者でも気軽に導入・設定が行えます。

画像が重すぎる

ブログ系サイトなぢ、スマホの画像をそのままアップしていると画像の容量が大きくなりサイトを重くする原因になってたりします。

そこで、画像アップ時に圧縮してくれるプラグインを紹介します。「EWWW Image Optimizer

こちらのプラグインは一括で全ての画像を圧縮してくれる機能を持っているので既に画像がいっぱい詰まっているサイトでも有効です。

CDNを使用してみる

レンタルサーバ等の転送速度が遅い場合については、CDNのプラグインを使用してみる外部のサーバから画像等を配信するのも有効です。

CDNのプラグインとしては「Jetpack by WordPress.com」の「Photon」機能を設定することでCDNから配信させることが出来ます。

 

本日はこの辺で、次回以降高速化についてもっと深く追求していこうと思います。

さすけ
現役、Webサーバの高速化技術者の経験をいかし高度な話も含め記載できていければと思っております。

 

 

  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラ関連を中心に、仕事をしています。 最近はWeb開発の仕事も多いです。

-IT関連

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.