Java

円の表示(drawOval)

更新日:

フレームに円を表示する方法です。
円を表示するためには、drawOval()メソッドを使用します。

説明 円を表示する
メソッド drawOval()
引数 1番目:開始X座標
2番目:開始Y座標
3番目:X座標の長さ
4番目:Y座標の長さ

実行結果

ソース

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class Maru extends Frame{     
    public static void main(String[] args) {
        Maru f = new Maru();
        //フレーム作成
        f.setSize(200, 100);
        f.setVisible(true);
        //リスナー設定
        f.addWindowListener(new Adap());
    }
    public void paint(Graphics g)
    {
        //円を表示
        g.drawOval(40,40,50,50);
    }
}
class Adap extends WindowAdapter
{
    public void windowClosing(WindowEvent e){
      //×が押されたときの処理
       System.exit(0);
    }
}
  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-Java
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.