その他

Windows Vistaの種類

更新日:

2007年1月30日に発売されるWindows Vistaを動かすのに必要なスペックです。
Home Basicなどではメモリ512MB以上のようですが1GBあったほうがいいと私は思います。

推奨スペック
CPU1GHz
メモリ1GBのメモリ
ハードディスク15GBの以上の空き容量のある40GB以上のHDD

日本では5種類の製品の発売が予定されています。
その5種類の製品を紹介していきます。
Windows Aeroとはウインドウが半透明で重ねると下のウインドウが透けて見える機能です。

Windows Vista Home Basic Edition
対象家庭用(下位)
特徴Windows Aeroなどの機能が制限されています。
価格27,090円(通常版)
Windows Vista Home Premium Edition
対象家庭用(上位)
特徴Windows Aeroなどが使用でき、Windows XP Media Center Editionの後続製品の感じがします。
価格31,290円(通常版)
Windows Vista Business Edition
対象ビジネス用(下位)
特徴ドメインの参加やリモートディスクトップなどの機能の使用が出来ます。
価格39,690円(通常版)
Windows Vista Enterprise Edition
対象ビジネス用(上位)
特徴暗号化機能などが強化されています。ライセンス購入企業だけに提供されます。
価格不明
Windows Vista Ultimate Edition
対象家庭用、ビジネス用(最上位)
特徴家庭用、ビジネス用の機能が組み合わされている最上位製品です。
価格51,240円(通常版)
  • この記事を書いた人

sasuke

インフラエンジニアからwebエンジニアに転職し両方の強みを生かしていければと思います。

-その他

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2019 All Rights Reserved.