mysql SQL sql-演算子

IN演算子で複数の候補指定

更新日:

複数の候補(値)の、どれかが当てはまる場合にデータを表示したい場合にIN演算子を使用します。
候補(値)の数に特に制限はありません。値ごとに「カンマ」で区切ります。

構文

SELECT 列名 FROM テーブル名 WHERE 列名 IN(値1,値2);

実際の使用例

user表から「sasuke」、又は「ziro」の人を表示した例です。

mysql> SELECT * FROM user WHERE name IN('sasuke','ziro');
+--------+--------+
| name   | pass   |
+--------+--------+
| sasuke | pass33 |
| ziro   | pass22 |
+--------+--------+
2 rows in set (0.02 sec)

orで実装した場合

以下の例は、上記と結果は同じですが、ORを使用した場合の例です。
2個程度でしたらorでも差を感じませんが数が多くなるとinを使用した方が効率的です。

使用例

mysql> SELECT * FROM user WHERE name = 'sasuke' OR name = 'ziro';
+--------+--------+
| name   | pass   |
+--------+--------+
| sasuke | pass33 |
| ziro   | pass22 |
+--------+--------+
2 rows in set (0.00 sec)
  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-mysql, SQL, sql-演算子
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.