SQL SQL-データ関係

データの削除(DELETE)

更新日:

データベース ORACLE MySQL PostgreSQL
対応状況

データを削除するには「DELETE」文を使用します。
レコードの削除の特徴として「WHERE」で条件を絞らずに実行すると全てのレコードが削除されてしまいます。

必ず、条件を絞る必要があるかしっかりと見直しを行って実行しましょう。

全ての行を削除する

「WHERE」で条件を絞らずに全てのレコードを削除する例です。

構文

DELETE FROM テーブル名;

使用例

mysql>DELETE FROM ado;
mysql> SELECT * FROM ado;
Empty set (0.00 sec)

条件に当てはまる行を削除する

「WHERE」で条件を絞って該当レコードを削除する例です。

構文

DELETE FROM テーブル名 WHERE 列名 = "条件値";

以下の使用例は名前が「sasuke」の人のデータが消えます。

使用例

mysql>DELETE FROM ado WHERE name = "sasuke";

mysql> select * from ado;
+-------+-------+------------+
| name  | money | mail       |
+-------+-------+------------+
| akira |   150 | vvv@aaa123 |
| kouzi |   110 | zzz@aaa123 |
+-------+-------+------------+
  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-SQL, SQL-データ関係
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.