MySQLのバックアップを取ろう

説明

WindowsでMySQLのバックアップを取るにはコマンドプロンプトを立ち上げて、「mysqldump」を
使用してバックアップを取ります。

なお、centos等についてもコマンドの内容は同じになります。

構文
mysqldump –user=ユーザ名 –password=パスワード データベース名 > 出力ファイル名
全てのデータベースをバックアップした例

全てのバックアップをドライブCの「200702bk.sql」ファイルとして出力しています。
全てのデータベースを指定する場合は「–all-databases」を記載します。

使用例
C:\Documents and Settings\さすけ>cd \mysql\bin
C:\mysql\bin>mysqldump –user=root –password=pass –all-databases > c:\200702bk.sql
データベース名を指定してバックアップした場合の例

「test」データベースをバックアップした例

使用例
C:\Documents and Settings\さすけ>cd \mysql\bin
C:\mysql\bin>mysqldump –user=root –password=pass test > c:\200702bk.sql
バックアップファイルから復旧させる

バックアップファイルからデータベースを復旧させるには「mysql」を使用します。
データベースを指定してのバックアップファイルの場合はデータベースを指定
する必要があります。

使用例
C:\Documents and Settings\さすけ>cd \mysql\bin
mysql –user=root –password=pass <c:\200702bk.sql