WordPress

プラグインによるセキュリティー対策(SiteGuard WP Plugin)

更新日:

Wordpessについては、利用者も多く、CMSで構築されているサイトの8割近くはWordpessで構築されれいます。

しかしながら、シェアが多いとどうしても攻撃者に狙われることも多くなります。

そこで、不正改ざん等のリスクを下げる方法としてプラグインによる対策を記載します。

日本語で設定も分かりやすくおすすめは「SiteGuard WP Plugin」です。

管理ページアクセス制限

管理者ページにIP制限を設定する事が出来ます。

(.htaccessが使える環境が必要です。)

画像認証

画像認証によりロボット等からの単語アタック等の大量認証を防げます。

画像認証の設定は、「ひらがな」、「英数字」から選択できます。

たとえば、英数字を選択して保存するとログインページに画像認証が追加されまます。

更新通知

更新の通知機能は「Wordpress」のアップデート、「プラグイン」のアップデート「テーマ」のアップデートをメールで

お知らせしてくれます。

「Wordpress」のアップデートは気に留めている人も多いかと思いますが、プラグインの更新はついつい忘れてしまうので

大変便利な機能です。

私もこのメールが飛んでくることで、プラグインを更新しないと!って気づくことが多いです。

 

 

ログインロック

一定回数パスワード認証に失敗した場所、数分間ログイン認証をロック出来ます。

 

他にも多くの機能があるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ダウンロードは以下から

 

  • この記事を書いた人
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

-WordPress
-

Copyright© さすけのプログラミング入門 , 2018 All Rights Reserved.